RI 記事ヘッドライン翻訳 2021年1月分

責任投資に特化したイギリスの情報媒体”Responsible Investor(RI)”。RIが配信する最新ニュースから、毎月JSIFで記事をピックアップし、記事タイトルの日本語訳をお届けします。

過去分については順次非公開とし、プレミアム法人会員様向けサービスとしてご提供中です。(パスワード等は事務局へお問い合わせください。)

※リンク先の主要記事をお読みいただくにはRIとの契約が必要となりますが、FREEとある記事は契約されてない方でもお読みいただけます。


1月29日 ブラックロック:フィンク氏の書簡が投資先に「パーパスを示す」ことを促した数日後に、パーパスの株主提案を取り下げる動きを見せた

1月28日 欧州議会で地滑り的勝利:人権と環境に関する企業の責任規程を強化を示唆する投票において

1月27日 EU規制当局:グリーンウォッシュ対策の開示規則を縮小へ

1月26日 EUタクソノミー:適用の「唯一最大の課題」はデータと銀行業界が指摘

1月25日 英国グリーン・タクソノミー:EUタクソノミーから何を学ぶべきか、どのようにしてトップへの競争を作り出すことができるか  FREE

1月22日 生物多様性:取り組もうとする投資家にとって、データ不足が最大の障害となる  FREE

1月22日 高齢者介護:機関投資家はその価値に立ち返らなければならない、さもないと私たちはみな苦しむ  FREE

1月21日 ジャスト・トランジション・イニシアティブ:英国、南アフリカ、インドの投資家の後押しで開始

1月20日 EU非財務情報開示規制:見直しで「非財務」の変更を検討しているが、なぜそうなったか

1月19日 ブラックロック・マイクロソフト:新たな調査コンペで水ストレスに関するデータ不足の解消を目指す

1月15日 仏中央銀行:同国の気候開示法が化石燃料関連の資金調達を抑制するのに有効との調査結果を提示

1月14日 サステナビリティ開示基準団体:気候開示基準のプロトタイプは概念的な枠組みに欠陥 FREE

1月14日 Net-Zero Asset Owners Alliance:「2025年目標設定プロトコル」を公表

1月14日 欧州委員会:有識者からESGデータ提供者を規制するよう要請を受ける

1月13日 スイス政府:TCFDに署名し、「拘束力のある」気候情報開示規則に向けて準備を進めている

1月11日 自然資本投資同盟:HSBC、Lombard Odier、Mirovaが支持

1月8日 トランジション・ボンド:高い投資家需要にも関わらず専門家は世界初のトランジション・ボンドの信頼性に疑問を呈する

1月8日 蘭年金大手ABP:投資先企業の責任ある納税の期待値を設定

1月7日 欧州保険業界団体:規制当局の気候シナリオ分析計画に警告

1月7日 RIの2021年予測:責任投資家にとって何が重要になっていくか FREE

※翻訳担当…黒田一賢(JSIF運営委員)

タイトルとURLをコピーしました