RI 記事ヘッドライン翻訳 2021年4月前半分

責任投資に特化したイギリスの情報媒体”Responsible Investor(RI)”。RIが配信する最新ニュースから、毎月JSIFで記事をピックアップし、記事タイトルの日本語訳をお届けします。

過去分については順次非公開とし、プレミアム法人会員様向けサービスとしてご提供中です。(パスワード等は事務局へお問い合わせください。)

※リンク先の主要記事をお読みいただくにはRIとの契約が必要となりますが、FREEとある記事は契約されてない方でもお読みいただけます。


4月15日 Deliveroo: ESG投資のボイコットを伴う史上最悪のIPO FREE

4月14日 ベルギー中央銀行:量的金融緩和政策における「カーボン・バイアス」で法廷闘争へ

4月14日 企業の政治的支出:長年のキャンペーンを経て、2021年は株主提案がブレイクアウトにする年になるか

4月12日 SEC:ESGファンドマネジャーによる「誤解を招く恐れのある主張」を指摘

4月12日 投資家グループ:ESGデータ提供機関に労働者の権利について働きかける一方、労働組合はファッション業界の保護措置の変更に警告

4月9日 ダイバーシティ&インクルージョン:年次株主総会シーズンでの投資家の見解

4月8日 気候変動と役員報酬:連動を計画している企業が6倍に増加との調査結果

4月7日 英年金規制当局:気候変動対策に遅れをとっている企業へ対応

4月6日 EUタクソノミーの変更:専門家が辞職の危機

4月1日 IOSCO:米国とシンガポールをサステナビリティ報告に関する専門家グループのリーダーに任命

※翻訳担当…黒田一賢(JSIF運営委員)

タイトルとURLをコピーしました