RI 記事ヘッドライン翻訳 2021年5月後半分追加

責任投資に特化したイギリスの情報媒体”Responsible Investor(RI)”。RIが配信する最新ニュースから、毎月JSIFで記事をピックアップし、記事タイトルの日本語訳をお届けします。

過去分については順次非公開とし、プレミアム法人会員様向けサービスとしてご提供中です。(パスワード等は事務局へお問い合わせください。)

※リンク先の主要記事をお読みいただくにはRIとの契約が必要となりますが、FREEとある記事は契約されてない方でもお読みいただけます。


5月28日 米国各州:「脱炭素化しなければダイベストする」と銀行や運用会社に警告

5月27日 デンマーク年金基金:人権擁護活動を継続し、ミャンマー・ベラルーシの国債の売却

5月26日 英国:「地域に根差したインパクト投資」イニシアティブが始動

5月25日 SEC委員:ESG開示規則はマテリアリティ・テストをパスしなければならないという「神話」を打ち破る

5月24日 イスラム金融:EUタクソノミーとTCFDを適応させる取組

5月21日 生物多様性のための金融:Amundi、Aviva、Sycomoreが誓約書に署名、Karner Blue Capitalがデータプロジェクトに参加

5月20日 主要株主グループ:投資家のためのパリ協定に沿った新しい枠組みを発表

5月19日 グリーン・ヘッジファンドの台頭:ロングショートは気候変動の移行対応に適しているか

5月18日 WBA:500社以上を自然への影響でランキング

5月17日 IEA(国際エネルギー機関):パリ協定に沿った脱炭素ロードマップを発表し、化石燃料への投資中止を呼びかける

5月14日 ナイジェリアの市民団体:気候変動問題において、英国国教会が「シェルに道徳的・財産的権限を貸す」ことに怒りを表明

5月13日 P&G:森林破壊や強制労働との関連性を指摘され、「投資家リスク・アラート」に直面

5月12日 サステナビリティボンドのグリーニアム(非サステナビリティボンドとの利回り格差):急速に減少しているとの指摘

5月11日 国連、OECD、ILOの規則:社会面のタクソノミーにおける科学の代わりになるべきとEUアドバイザーが指摘

5月11日 ESG開示規則の義務化:ESGに関する論争や株価暴落リスクを低減するとの研究結果

5月10日 適合性テストにおけるサステナビリティ選好:EUの最新計画は何を達成するのか

5月7日 ジョージ・セラフィム調査:SASBがマテリアルだと判断したESG要因についてのニュースに株価は反応すると発見

5月6日SEC(米証券取引委員会): 米国最大の規制当局とESGへの影響

5月5日 IEA(国際エネルギー機関):世界的な気候変動への挑戦と鉱物の入手可能性との間に「迫りくるミスマッチ」を警告

5月3日 独投資家:気候変動に関する連邦法についての裁判所の判決を歓迎

※翻訳担当…黒田一賢(JSIF運営委員)

タイトルとURLをコピーしました