RI 記事ヘッドライン翻訳 2021年8月後半分追加

責任投資に特化したイギリスの情報媒体”Responsible Investor(RI)”。RIが配信する最新ニュースから、毎月JSIFで記事をピックアップし、記事タイトルの日本語訳をお届けします。

過去分については順次非公開とし、プレミアム法人会員様向けサービスとしてご提供中です。(パスワード等は事務局へお問い合わせください。)

※リンク先の主要記事をお読みいただくにはRIとの契約が必要となりますが、FREEとある記事は契約されてない方でもお読みいただけます。


8月31日 GRESB:不動産やインフラのESG開示急増を確認

8月27日 ブラックロック:ダブルマテリアリティを推進し、気候に関する目標や戦略を持つ銀行を支援することを推奨する報告書をEU監督機関に提出

8月26日 DWS:ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)と米国証券取引委員会(SEC)がESGに関する疑惑で調査

8月25日 Swiss Re:ネット・ゼロ計画の一環として、CO2固定によるカーボンオフセットに1,000万ドルを支払う

8月24日 米国規制当局:投資家が米国の規制当局に「重要な社会・環境問題への株主の声が小さくなっている」との書簡を提出

8月20日 NBIM:Skancke氏率いるアドバイザリーグループが定期的な気候ストレステストの導入を指示

8月19日 人権規制:グローバルな枠組案に銀行とファンドが追加

8月19日 タイ:サステナブル・ファイナンス・タクソノミーとESG開示規則を策定

8月17日 シュローダーズ:中国の炭素市場は2025年までに重大な影響力を持つ可能性があると発表

8月13日 新興市場:投資家グループが「強化された」グリーン及びサステナビリティ・ボンド原則を発表

8月12日 欧州中央銀行:気候学者の採用を計画

8月11日 IPCC報告書:投資家は資産運用会社の経済モデルがパーパスに遭っているかどうかを検討する必要があるとAvivaの専門家が警告

8月10日 CA100+の人権版設立に向けた取組が進行中

8月9日 労働省ルール:LGIM AmericaのUSスチュワードシップ部門責任者がESG導入の主な障壁であると述べる

8月5日 仏金融当局:グローバルなESG報告基準策定を進めているIFRSに警告

8月4日 独規制当局:ESGファンドのグリーンウォッシュルールを協議

8月4日 EU:生物多様性やブルーエコノミーなどを含むタクソノミー案に対する意見を募集

8月3日 巨大IT企業:スコープ3を勘案するとESGファンドは主要な排出企業を含んだままになる可能性があると投資家が警告

※翻訳担当…黒田一賢(JSIF運営委員)

タイトルとURLをコピーしました