RI 記事ヘッドライン翻訳 2020年1月後半分追加

責任投資に特化したイギリスの情報媒体”Responsible Investor(RI)”。RIが配信する最新ニュースから、毎月JSIFで記事をピックアップし、記事タイトルの日本語訳をお届けします。過去分については順次非公開とし、プレミアム法人会員様向けサービスとしてご提供予定です。

※リンク先の主要記事をお読みいただくにはRIとの契約が必要となりますが、FREEとある記事は契約されてない方でもお読みいただけます。


1月31日 米ESG投信会社トリリアム・アセットマネジメント: 豪パーペチュアルが3600万ドルで買収

1月30日 米連邦準備制度理事会:パウエル議長、グリーン・セントラル・バンキング・グループへの参加を検討

1月28日 スウェーデン最大の年金基金:2019年はどんな年であったか? 1.5℃炭素価格870ドルシナリオも検討、ESGデータベンダーへスコープ3について要望、米国国債への投資の課題など

1月28日 サステナブル債券投資家:急速な発展望むなら、信用格付会社へ方法論の批判 FREE

1月24日 投資家団体:選鉱くずのデータベースを設立し、責任ある鉱業原則を提案

1月23日 投資家に対する抱負: 新しい形態のステークホルダー資本主義について対話すべき FREE

1月20日 英基準設定機関(BSI):初のサステナブル・ファイナンス手引きを発行

1月17日 インデックス会社: もはや主要インデックスでの重大な人権侵害を無視することはできない FREE

1月17日 エクアドル:初のソーシャル国債発行国に

1月16日 オーストラリアン・スーパー:2019年の豪州企業全ての気候変動関する議案に反対票を投じる

1月15日 EUタクソノミー:投資家への焦点から政府など公共部門に拡大する計画

1月14日 欧州年金・保険監督局:ソブリンボンドの気候変動リスクを強調

1月13日 英慈善団体3団体:インパクト投資への3200万ドルの投資を競い合う「ESG投資オリンピック」イニシアティブに運用会社を募集

1月10日EUエコラベル改定案:ファンド資産の最大80%が非グリーンな株式となる可能性も

1月9日 プライベート・エクイティ大手CVC:調達先の持続可能性評価機関Ecovadisの株式2億ドルを取得

1月8日 英銀行バークレイズ:グローバルな投資家による欧州の銀行に対する初めての気候変動に関する株主提案に直面

1月7日 SECの規則変更:ESG投資エコシステムを破壊し、株主の権利を損なう恐れ FREE

1月3日 欧州委員会:英シンクタンクのサステナビリティに持続可能性レーティングと調査研究を委託

1月2日 2020年:サステナブル・ファイナンスの実現が試される年に FREE

※翻訳担当…黒田一賢(株式会社日本総合研究所/JSIF運営委員)

タイトルとURLをコピーしました