RI 記事ヘッドライン翻訳 2020年2月 後半分追加

責任投資に特化したイギリスの情報媒体”Responsible Investor(RI)”。RIが配信する最新ニュースから、毎月JSIFで記事をピックアップし、記事タイトルの日本語訳をお届けします。過去分については順次非公開とし、プレミアム法人会員様向けサービスとしてご提供予定です。

※リンク先の主要記事をお読みいただくにはRIとの契約が必要となりますが、FREEとある記事は契約されてない方でもお読みいただけます。


2月28日 ANZ:オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ):融資先企業により強制移住を迫られたコミュニティと和解し人権擁護活動の先例に

2月27日 マーク・カーニー英中央銀行総裁:中央銀行を去り、国連の気候特使となるに当たり、COP26投融資ルールブックを発表

2月26日 Scientific Beta:欧州連合の気候変動ベンチマークの提案を痛烈に批判

2月25日 豪金融規制当局:新ガイダンスとストレステストの実施加速化で気候変動リスク低減に注力

2月24日 UBS:環境問題に取り組むため「廃棄物削減ボンド」を提案

2月21日 スウェーデンAP1・AP4ファンド:持続可能な戦略の発展に伴い、高リターンを獲得

2月20日 2020年:抗生物質に関する投資家行動の年?

2月20日 スペイン証券監督局:ガバナンス改革で取締役会のESG委員会について提案

2月17日 欧州企業の情報開示:人権、納税、生物多様性、気候変動と広範に渡り不十分と調査が指摘

2月17日 外部不経済が最も重要な課題か?  FREE

2月14日 米証券取引委員会: SECの最新提案の対象となるESG関連議案の結末は

2月13日 仏2℃ Investing Initiative:金融機関による「気候変動による影響」と「気候変動への暴露」の論争のさなか、科学的目標グループを脱退

2月12日 欧州議会:欧州中央銀行に気候変動に関する行動を求める

2月11日 マレーシアのグローバル・コンパクト・ネットワーク:同国を2025年までにESG投資のハブを目指す

2月10日 欧州年金ハイレベルグループ:サステナビリティ・アジェンダの中で社会課題と国債をより重視すべきと提言

2月10日 今年発行される初のSDGsリンク国債:使途はジェンダー平等

2月6日 欧州証券市場監督機構:持続可能な金融戦略発表の準備整う

2月5日 ESG業界の抱えるリスク:次は能力のグリーン・ウォッシング

2月4日 国際海洋イニシアティブ: 2020年はブルー・ファイナンスの年? FREE

2月3日 OECD多国籍企業行動指針:度重なる人権侵害を指摘される銀行


※翻訳担当…黒田一賢(株式会社日本総合研究所/JSIF運営委員)

タイトルとURLをコピーしました