ESG投資の定義

ネガティブ投資・インパクト投資はESG投資ではない

ネガティブ投資やインパクト投資がESG投資と説明されていることが最近多いことに気づきました。実はそうではありません。日本では「ESG投資」の定義をあまり意識せずに使ってきたため、混乱があると考えられます。

ESG投資とその他のサステナブル投資の手法とでは大きく異なる点があります。

責任投資・ESG投資

責任投資原則(PRI: Principles for Responsible Investment) が2006年に国連主導で発足しました。同原則は署名機関が自主的に取り組む6原則からなっていますが、その第1原則が「私たちは、投資の分析と意思決定プロセスにESG課題を組み込みます」(We will incorporate ESG issues into investment analysis and decision-making processes.)です。すなわち、PRIの責任投資=ESG投資です。

日本ではESG投資と呼ばれていますが、英語ではESG IntegrationあるいはESG Incorporationという用語が使われており、投資プロセスに環境、社会、ガバナンスの課題を組み込むという第1原則の特徴が明らかになっています。

ネガティブ投資、インパクト投資と、サステナブル投資

投資するには、まず投資対象とする銘柄群(投資ユニバース)を決めます。ネガティブ投資は、この最初の段階で、社会や未来の世代にとって望ましくないと考える特定の銘柄を一律的に除外する手法です。この投資は投資の分析と決定をする前段階で投資対象から除外して投資対象とはしないので、ESG投資と考えられていません。

インパクト投資は、通常、リターンよりもインパクトを重視する投資であり、銘柄の選択もそうした考えに基づいています。年金基金などメインストリームの投資で、分析と意思決定プロセスにESG課題を組み込むのとは異なる投資方法であるため、ESG投資と考えられていません。

環境、社会、ガバナンス課題を考慮する投資には、ネガティブ・スクリーニング、インパクト投資、ESG投資など、さまざまな投資がありますが、これらをまとめて表現する用語としては、サステナブル投資が世界的に使われています(このような投資手法の分類と定義については、JSIFのサステナブル投資残高調査2019などをご参照ください)。

ポートフォリオ構築プロセスから見る違い

ESG投資と他のサステナブル投資を分ける最大の違いは、前述のように、ESG課題を投資の分析と意思決定プロセスに組み込んでいるかいないかという点です。
機関投資家が実務面で、どのようにESG課題を投資に組み込むのか、ポートフォリオ構築のプロセスから確認してみましょう。

図の左が機関投資の通常の投資ポートフォリオ構築のプロセスです。投資ユニバースを決め、さらにベンチマークや運用スタイルを決めます。そして、次の段階で銘柄選択や銘柄ウェイト(投資比率)を決定します。ESG投資ではその際に、投資対象企業のESGへの取り組みについても評価して、良い評価の銘柄を選ぶことや投資比率を高めます。ESGへの取り組みが良い企業を選択することから、ポジティブ・スクリーニングと呼ばれます。望ましくない銘柄を除外するネガティブ・スクリーニングとは逆の発想です。ここで重要なのは、図の左側に示した機関投資家が通常行う投資の分析と意思決定プロセスに、図の右のように投資対象のESGを評価して、ESG課題を組み込むことです。他のサステナブル投資手法は、このように投資プロセスに組み込むものではありません。これが最大の違いです。

ESG投資についてさらに理解を深めるには、年金基金のフィデューシャリー・デューティ(受託者責任)、サステナブル投資の歴史的変遷などを理解する必要があります。また別の機会に説明します。

荒井勝

タイトルとURLをコピーしました