法人プレミアム会員リリース等

スチュワードシップレポート2020(ニッセイアセットマネジメント)

ニッセイアセットマネジメント様の2020年度版のスチュワードシップレポートが公開されました。
市場調査

個人向け金融商品のサステナブル投資残高(2020年6月末)

2020年6月末現在の個人向け金融商品におけるサステナブル投資残高は、8,683億円でした。(※内訳・・・投資信託 5,352億円、社会貢献型債券 3,331億円) 詳細はPDFファイルをご確認ください→ダウンロード こち...
市場調査

サステナブル投資残高調査2020 実施中です

日本サステナブル投資フォーラム(JSIF)では、国内のサステナブル投資残高を把握すべく、国内に拠点を有する機関投資家を対象としたアンケート調査を毎年実施しております。 現在2020年度分の調査へのご回答をお願いしており締切は9月30...
会長コラム

ポートフォリオ構築プロセスから見る運用手法の違い/ESG投資の定義#2

ESG投資と他のサステナブル投資を分ける最大の違いは、前述のように、ESG課題を投資の分析と意思決定プロセスに組み込んでいるかいないかという点です。機関投資家が実務面で、どのようにESG課題を投資に組み込むのか、ポートフォリオ構築のプロセ...
会長コラム

ネガティブ投資・インパクト投資はESG投資ではない/ESG投資の定義#1

ネガティブ投資やインパクト投資がESG投資と説明されていることが最近多いことに気づきました。実はそうではありません。日本では「ESG投資」の定義をあまり意識せずに使ってきたため、混乱があると考えられます。 ESG投資とその他のサステ...
その他の情報

東京金融賞2020 ESG投資部門 募集開始

今年度の東京都金融賞の募集がはじまりました。詳細は下記のページをご確認ください。
法人プレミアム会員リリース等

GPSSホールディングス株式会社 初のグリーンボンド発行について

GPSSホールディングス株式会社様よりご案内です。
早稲田大学講座

早稲田大学大学院の講座「企業の社会的責任と責任投資」#13

十三回目(最終回)は、担当教員である岸上有沙氏より前回同様に受講生からの質問が多かった部分について、まとめ講義2.として以下の点を中心に講義が展開されました。 サステナビリティ視点での多層構造における銀行の役割と課題サステナブル事...
早稲田大学講座

早稲田大学大学院の講座「企業の社会的責任と責任投資」#12

第十二回目は、担当教員である岸上有沙氏より、受講生がもう一度整理したい点などを中心に講義が行われました。まとめ講義1.では、以下の内容にフォーカスが当てられました。 サステナブル事業・ファイナンスにおける研究(者)の重要性ESG評価...
早稲田大学講座

早稲田大学大学院の講座「企業の社会的責任と責任投資」#11

第十一回目となる今回は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) の塩村 賢史氏が「アセット・オーナーから始まる投資バリュー・チェーン」をテーマにお話しくださいました。 第一回目の総論講義にて説明のあったサステナブル投資の生態系の...
タイトルとURLをコピーしました